2018年02月28日

葉物野菜の異常な高値

“葉物野菜の異常な高値”


まだまだ厳しい寒さが続いていますが、

豪雪をもたらした寒波

幾分緩んできたように感じられます。

例年1月には梅の花芽が分かるのに、

今年はようやく少し赤みがさしてきました



各地の梅便りも、

今年は例年に比して2週間以上

咲き始めるのが遅くなりそうです。

葉物野菜の値段も高止まりです。

異常寒波による成長不良だそうです。



何でも白菜一株が600円~と言います。

鍋物の恋しいシーズンです。

鍋物には欠かせない白菜ですが

おいそれと簡単には手が出せません。

他の葉物もすべて値段は高止まりです。



豊作の年には、出来過ぎて値が下がり、

市場に持っていくと損をすると、

畑の隅に廃棄されることもしばしばです。

自然が相手の農業ですので

気候の変動に極端に左右されます。

生産者も苦しんでいるようです。



豊作貧乏といいます。

数年前に白菜が豊作でした。

玉ねぎが取れ過ぎた年もありました。

畑の隅には山盛りになった農作物の山。

すべて廃棄処分の野菜の山です。

市場へ出すと経費倒れだからです。



知り合いの農家の方に言いました

「何で皆が作らない野菜を作らないの」と。

その答えに驚きました。

「農協が作物を指定し勝手に作らせない」と。

最大の弊害は農協でした。



生産農家にはそれなりの苦悩があることを

初めて知りました。

その年の作付けにまで農協は口出しするのです。

勝手に作物を変えると農協の流通ラインに

乗せてもらえないようです。



福岡では比較的温暖な糸島や宗像で、

キャベツが全く玉になっていません

玉になり切れないままで花を咲かせてしまい、

すべて廃棄せざるを得ないと

農家の方も心配していました。



卑劣な犯罪が増えています。

収穫直前の農作物を根こそぎドロボウ

丹精込めて育てていざ出荷の直前に、

綺麗に盗まれた生産者の方々の無念さは、

想像を絶するものがあります。




秋の果物のシーズンにも、

ブドウやなしといった旬の果物が、

収穫予定の前日あたりに

綺麗に持ち去られる犯罪

各所で多発しました。



これらの犯罪者は当然販売目的でしょう。

とすれば畑から盗んだ人間だけではなく、

盗品を承知で消費者に流すための

流通の裏組織があるとしか思えません。

何故警察は摘発できないのでしょうか。



浜の真砂と盗人は尽きないと言います。

犯罪に良し悪しは付けられませんが、

丹精込めて作った作物を盗むのは

単なる窃盗以上に卑劣な行為です。

人の心の持ち合わせは感じられません。



ほかの店より安く売っているのを見ると、

これ裏ルートでは??

ついこんな思いも浮かんできます。

売るルートがあるから盗むのでしょう。

このルートをつぶさねばなりません。



品物が安いに越したことはありませんが、

人様のものを盗んできた野菜まで

自分の口には入れたくありません。

しかし消費者に盗品かどうかを

判断する術はありません




やはり司直の手に委ねざるを得ません。

この種の犯罪者が摘発されたという

報道をほとんど見かけません。

こんな卑劣な奴らが

分からないはずはないと
思います。



人の命に直接係る刑事犯罪ではないので、

目立ちにくい経済犯罪には、

あまり力を注いでいないのではないかとの

疑問さえ感ずる今日この頃です。

ぜひこれらの卑劣犯を摘発してください



葉物野菜の値段の高止まりは、

あと一月くらいは続くのではないかと、

青果市場関係者は言っていました。

生産者も安い野菜を提供したいと

懸命に頑張っておられます




我々消費者ももうしばらくの辛抱です。

「冬来たりなば春遠からじ」

もうすぐ桜や菜の花が咲き乱れます。

農家の皆さん!!

何とか豊作貧乏だけは避けてください



美味しい野菜を待っています!!


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:15| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

久し振りの豪雪に思ったこと

“久し振りの豪雪に思ったこと”


今年の冬は例年に比べ

寒さが厳しい日々が続きました。

北陸や東北地方では、

記録的な豪雪のため

日常生活に多大な支障が現れました。



また、雪かきや雪下ろしで

痛ましい事故も多発しています。

過疎地の方々は若者が都会に出てしまい、

残された高齢者が作業をせざるを得ず

それが原因の災害も多いようです。



世界の気象分類では、

日本は豪雪地帯とされていることを

ご存知でしょうか??



いずれにしてもわが国土は、

自然災害の多発地域
であることは

間違いのない事実です。

地震、大雨、大雪、台風、津波、火山噴火…

数え上げればきりがないほどの自然災害です。



そんな厳しい自然条件の中で

日本民族は知恵を絞ってそれに対処し

豊かな国土を保全してきました。

国土の位置的条件はどうしようもありません。



防災対策の先人の知恵は、

現代の科学が進歩した中でも

驚くほどの素晴らしい発想や技術が

あらゆるところに駆使されており


現代に住む我々を驚かせてくれます。



人口の増加や都市開発により、

古からの教えを無視して

開発を進めたところに、

土石流による災害や土砂崩壊などが

発生しているように感じるのですが……



昨年の九州北部豪雨の災害の、

大きな原因の一つは流木による自然ダムです。

原因はいろいろあるでしょう。

山間地域の人口減少で

山の手入れが不十分で山が荒れていること。



間伐材や枝打ちして落とした枝の放置、

山の手入れそのものが十分に行われず

山に大量のごみが残されていたこと、

河川改修はコンクリートの護岸、

抵抗が少なく流れは速くなります。



農地や住宅地のための開発で

遊水池がどんどん減っています

川の許容流量を超えてしまうから

川は氾濫せざるを得なくなります。

一部は人災であったかもしれません。



地域の利便性が優先され

新しい道路が建設されれば、

そこには新しい橋梁が必要です。

地域のために作られた橋梁が

災害の大きな原因かもしれません




ラブロックのガイア仮説

地球神ガイアが、

人間の傲慢な地球に対する資源浪費に、

ガイア自身が危機感を感じ

必ず人類を滅ぼすと言っています。



原子力は素晴らしいエネルギ獲得技術です。

しかしこの分野はある意味

神が司る分野かもしれません。

燃料リサイクルやごみの最終処分を

先延伸ばしのまま原子炉を再起動




国内原発の再稼働は

厳しい条件の下で行われています。

私は決して原発推進派ではありません

しかしここまで来て捨ててしまうには

少々もったいない気もします。



新規原発はやめて

徐々に原発ゼロにすべきでしょう。

その間に自然の再生可能エネルギー

どんどん増やすことが最良です。

我が国の技術なら可能だと思います。



最近毎日PM2.5のことが知らされます。

中国大陸から流れてきます。

日本では防ぎようがありません。

この中国沿岸や韓国に

稼働原発が数多く存在
します。



国内ばかり厳しくしても、

他国には我が国の主権は及びません。

何かあったらPM2.5と同じルートで

我が国に影響を及ぼしかねません。

我々は逃げる場所さえないのです。



自然の猛威にあがらうには

人の力はあまりにも小さすぎます。

これからは開発に主眼を置くのではなく、

いかに自然の猛威を受け流すかを

真剣に考えなければなりません。



昔からの地名が町村合併等で

次第に消えていっています。

昔の地名には災害を想起させるものが

数多くあります


蛇とか龍などの地名は水を警告しています



先人の知恵や技術を

今一度見直してみることも重要
です。

世界有数の自然災害多発国であっても

まだ豊かな自然が残されています。

豊かな自然との共生が今求められています


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 14:59| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

平昌で日本女子パワー炸裂!!

“平昌で日本女子パワー炸裂!!”


またまた日本の女子がやりました。

カーリングの「銅」メダルと、

平昌で初めて採用された

マススタートでの高木菜那の「金」

平昌での女子の活躍はすごい!!!



平昌で初採用のマススタートは

韓国に「金」の自信があったから採用???

今回のオリンピックでは、

何かといかがわしい判定

数多くみられました。



競技の中で審判による判定は

異論を唱えたい採点が多すぎます。

特にフィギュアーの中国人審判は、

素人が見ても採点内容が不正です。

こんな審判は追放して欲しいものです。



バンクーバー五輪の時に、

余りにもおかしな採点だった

女子のフィギュアーの採点を反省し、

現在の採点方法に代わったと聞きます

それでもやるか中国の女審判!!



公平であるべき審判が、

自分の思惑や国家間の思惑で

採点を左右
してしまうことをすれば、

競技として競い合う選手たちの存在が

全く無なものになってしまいはしませんか。



競技によっては、

国家の力の入れようも全く違うようです。

フィギュアー競技で最も恵まれているのは

どうやらロシアのようですね。

国を挙げての養成制度が整っているようです。



一人のゴールドメダリスト

育て上げるためには膨大なお金が

かかるに違いありません。

練習場の確保、遠征費、コーチ、時間等

周囲の応援なしには育ちません



メダルにこだわる積もりはありませんが、

やはり日本人選手が

表彰台に上るのを見るのは、

嬉しく誇らしい
感じになり、

自分にも勇気を貰えるような気がします。



カーリングでのアゥエイのための応援は、

致し方がないと思います。

韓国との試合はどちらもすごかった

韓国チームを称賛したいと思います。

またカーリングの人気が上がることでしょう。



審判の私的な採点が加わらない

カーリングやマススタートは

出た結果そのものの金や銅です。

誰も口をはさめない事実です。



北朝鮮のスケート選手は可哀そう

競技の中でも日本選手への妨害行為。

ビデオカメラで判定すれば

挙動のすべてが記録されているのに

その前であんな妨害行為をさせるのか??



あんな北朝鮮選手を出場させた、

根本の原因は文在寅の政治利用

特別参加の16歳の少年です。

あんな行為が将軍様を喜ばせると

教えた奴がいるはずです。



韓国も北朝鮮も可哀そうな国です。

実力を伴わない自尊心の強さが、

韓国人の意識を捻じ曲げているようです。

弟分と思っている日本が多くのことで、

優位に立つのが気に入らない




だから南北一緒に反日で経済制裁に穴をあける。

世界からの笑いものになりながら、

北朝鮮の金王様を喜ばせるため

金王様の言うことをすべて受け入れて

「平壌オリンピック」が終わります



今回の平昌五輪では、

韓国参加選手の国籍変更者が過去最高

アイスホッケーのチームは外国チーム??

二重国籍を認めているので

五輪終了後はまた元の国籍に??



これに似た例は日本にもあります。

高校野球の私立強豪校、府県対抗駅伝、

箱根駅伝
もそうかも。

国体選手にはこの傾向が大きいですよね。

こうして考えると偉そうには言えませんね



こんなこと言う積りはなかったのですが、

今回のオリンピック運営に

数多くの違和感
を感じながら

観戦してきたことが、

最後に暴発してしまいました。



オリンピック開催国に関しては

かなり問題ありの感がしますが。

出場した選手には「本当にお疲れ様」

「みんなよく頑張った」と

エールを送りたいと思います。



ビバ日本!!

日の丸万歳!!


    セーフティーコン

posted by セーフティーコン at 10:27| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする