2018年09月26日

年を取ると衰える「動体視力」!!

年を取ると衰える「動体視力」!!


私は先日車の免許証の更新を

済ませたばかりです。

今回で3回目の高齢者講習を受講し、

今年は認知症のテストも受けました。

満点は取れず94点でした。



ずーっとゴールドなのですが

今回も有効期限は3年です。

このことに不満はないのですが、

余分な受験料の負担には疑問があります。



都市部では分からないかもしれませんが

田舎の方の高齢者は

車に乗らねば生活が出来ない
のです。

免許を返納してしまえば、

毎日の買い物や通院が出来ません。



現に、免許を返納したいけれど

返納してしまったら交通手段を奪われて、

飯も食うことが出来ない
と言っている
 
高齢者の方を知っています。



高齢者の交通事故を減らすために、

運転免許証の返納を勧める前に、

車を必要としない状況を作らねば

これは片手落ちとしか言えません。



少子高齢化社会の進行は止まりません。

わが国の規制は

規制後の状況改善を残したまま、

規制だけを強化
します。

高齢者には優しくない国だと思います。



高齢者講習の検査項目に

動体視力の検査が含まれています。

視力検査では見えているのに、

車の運転がし辛くなったり

ゴルフボールの動きについていけません。



これは静止視力と動体視力の違いなのです。

片目を隠してリングの切れ目を答える検査は

「ランドル環」という検査法です。

5メートル離れたリングの切れ目を答えて

視力が判定されます。



一方の動体視力は、

文字通り動いているものを

捕らえる視力
のことです。



運転能力や球技には、

静止視力より重要になりますが

この能力は年齢とともに老化します。



高齢者が車を運転していて、

急な飛び出しなどにブレーキが間に合わず

事故を招いてしまうことになるのは、

若いころに比べて動体視力が

衰えているからなのです。



ゴルフで少々多めに叩いても

別に気にすることはありませんが、

視力が落ちていないからと言って

車の運転技術を過信していると、

とんでもない事故になることもあります。



満70歳以上の免許証更新には

動体視力検査を行うことには

私は賛成です。

しかしどうも形式的な検査に終わり、

これで更新を阻まれた話は知りません



検査料の負担は軽減し、

高齢者講習や検査はもっと厳しく
し、

安易に更新を認めないことも

事故防止には大切ではないでしょうか。

脱輪ばかりでも更新できています


     セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:35| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

コラーゲンを摂取したらお肌はぷりぷりになるのでしょうか??

コラーゲンを摂取したらお肌はぷりぷりになるのでしょうか??


テレビを見ていると、

中年女性をターゲットにした

美容液やサプリメント、食べ物等の、

コラーゲンの効果を強調した

コマーシャルが沢山放映されています。



食べ物のトップは「すっぽん」のようですが、

そのほかにコラーゲンボールを

具として入れたコラーゲン鍋なども

話題を呼んでいました。



私が行きつけのクリニックで聞いた話ですが、

コラーゲンは外から摂取しても

あまり意味がないと耳にしました。

本当のところどうなのでしょう。



コラーゲンの正体はタンパク質で、

腱や軟骨など人体のたんぱく質の

約三分の一を占めています




皮膚でいえば、表皮の下の細胞間で、

ばねのような役割をしていて

いわゆる肌の

ハリに一役買っている存在です。



外部からコラーゲンを摂取すると、

消化酵素によってアミノ酸に分解されます。

血中に溶け込んだアミノ酸は、

確かにたんぱく質を生成しますから

全く効果がないわけではありません



しかしコラーゲンを摂取したから

コラーゲンが増えるわけではなく、

通常の栄養として消化され、

摂取したコラーゲンの一部が

コラーゲンを生成しているのが実態です。



よくコラーゲンたっぷりの食べ物を食べ、

「お肌がプルプルになった」

いう人がいますが、

これは間違いでも正解でもありません



別のたんぱく質を摂取しても、

同じ効果が得られます
し、

却ってそちらの方が

もっとたくさんの栄養を

摂取できる可能性もあるのです。



だからと言って、

コラーゲンを摂取することに

意味がないわけではありません。

例えばサプリメントなどで

コラーゲンを摂取するのであれば、

コラーゲンを生成するのに効果がある

ビタミンCを一緒に摂取すると良いのです。



肌のハリがよくなるだけではなく

爪や骨も丈夫になり

一石二鳥の効果が望めます。



これは私の勝手な想像ですが、

コラーゲンを摂取して効果が出たと

自分で感じ思い込むことも、

お肌を気にする女性にとっては

十分な効果があるのではないでしょうか。



お肌の若さを保つためには

毎日きれいに洗顔して

お肌に塗ったファンデーションなどを

きれいに取り除いてしまえば

何時までもお肌ぷりぷりではないでしょうか。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:06| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

風邪薬はウイルスや細菌を退治するのではありません!!

風邪薬はウイルスや細菌を退治するのではありません!!


次第に昼と夜の寒暖差が

大きくなりつつあるようです。

こんな時期に多いのが風邪を引くことです。

くしゃみ、鼻水、発熱、倦怠感。

でも風邪という病気は存在しません



普通感冒が「風邪」

流行性感冒は「インフルエンザ」を指します。

風邪の正式名称は「かぜ症候群」といい、

症状の組み合わせにつけられた名前です。



医師のカルテには症状によって

「急性鼻咽頭炎」「急性咽頭炎」「上気道炎」

といった言葉で書かれます。

これはあくまで症状であるということです。



風邪の原因はアデノウイルス、

コクサッキーウイルス、

そしてインフルエンザウイルスといった

ウイルスであることが多いと言われます。



しかし、素人には細菌の感染症との

区別がつけにくく注意が必要です。

ウイルスと細菌は違うのです。



薬局で売られている総合感冒薬は、

解熱鎮痛剤、消炎剤、鎮咳剤・去痰剤、

抗ヒスタミン剤など

色々な効果を持った薬が配合されています。



これらの総合感冒薬は、

「対症療法」であって

いずれも症状を和らげる薬であり

根本的に原因となる

ウイルスや細菌を退治するものではありません



病院では症状を見て

ウイルスか細菌かを迅速検査し

病気の原因となっているウイルスや細菌が

判別できる場合があります。

細菌性であれば抗生物質が処方されます。



これに対して、

ウイルスは私たちの体の細胞の中に

遺伝物質(DNAやRNA)を送り込み  

自分の複製を作らせて増えていきます。

なのでウイルスには抗生物質は効きません



毎年シーズンになると増える

インフルエンザなのですかが、

ワクチンはあっても特効薬はありません

ウイルスが感染経路の中で

どんどん変異してしまうのです。



そのため変異してしまうと

薬が全く効果を失ってしまいます。

そのためインフルエンザの治療には

対症療法しかないのが現状
です。



寒くなり空気が乾燥してくると

インフルエンザの流行が始まります。

常に体調を整え免疫力の強い体

心がけることが大切です。



インフルエンザウイルスは

湿度に弱いようです。



エアコンなどで乾燥した室内には

適度の湿気を与える加湿器などで

ある程度の湿度を保つことは

インフルエンザ予防には効果的
です。



インフルエンザの感染は主として

空気感染です、

感染時の外出を止めましょう

他の人への感染を防ぐためです。

うがいやマスクによる予防も有効です。




とにかく感染しないように

自ら予防に心がけることが

最も大切です。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:39| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする