2018年09月23日

肉離れとは筋肉がどこからはがれるの??

肉離れとは筋肉がどこからはがれるの??


スポーツ選手に良く起きる筋肉障害に

肉離れがあります。

単に言葉の意味から考えると、

筋肉がどこかはがれてしまったという

イメージがあります。



しかし肉離れというのは

筋肉がはがれるのではなくて

筋肉の一部が断裂することを言います。



人の体には約650の筋肉があり

構造の違いによって

3つにわけることが出来ます。



内臓や動脈の壁などを作っている平滑筋

手足や胴体の骨格についている骨格筋

心臓の壁を作っている心筋の3種類です。

骨格筋は筋繊維がたくさん集まり束を作り、

筋膜がそれを包んでいます




スポーツなどをしているときに、

骨格筋に急激な負担がかかると

筋繊維が切れたり

筋膜が破れたりする
ことがあります。

これが肉離れと言われる症状です。



ふくらはぎの内側上部に

腓腹筋と呼ばれている筋肉があります。

肉離れはこの筋肉に起こりやすく

ひどいときには立ったり歩いたり

出来なくなってしまいます。



肉離れを起こした場合には

断裂部局所の安静が重要です

スポーツ選手の場合

テーピングや圧迫包帯が効果的です。



2・3日冷湿布の後温湿布に変え、

1週間後から温浴マッサージを始めます。

完全に筋肉が回復するには

3週間から1ヶ月
ぐらいかかります。

十分な準備体操が予防となります。



肉離れと少し異なりますが、

アキレス腱の断裂があります。

私が若いころに野球をしていて

アキレス腱を断裂しました。



突然後ろから何かで叩かれたような

ショックを感じましたが

痛くはありませんでした


即日手術でしたが太腿からギプスで固定され

約40日間不自由をしました。



この時の治療は

縫合はせずに足首を完全に伸ばして固定し

断裂部が自然に癒着するのを待ちました。

足首が動かないと前に進めず。

関節の大切さをしみじみ知りました。



いずれにしても、

準備運動の不足が最大原因でした。

運動前には十分なストレッチや

関節を動かして柔らかくすること


大切さを感じました。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:46| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

命が無事なのになぜ「亡命」というのでしょう??

命が無事なのになぜ「亡命」というのでしょう??


宗教的あるいは政治的な理由から

外国に逃れることを亡命といいます。

亡命の目的として最も多いのは、

自分の命を守るためということです。



それなのに何で亡命は

命を亡くすと書くのでしょう。

「命」という語は普通「いのち」の意味に

用いられています。



しかし亡命の「命」は「名・名前」の意味

その名を記した戸籍のことです。

司馬遷の「史記」の「張耳伝」に

「少時かつて亡命し外黄に遊ぶ」とあります。



この場合の亡命は、

戸籍を抜け出して逃亡したという意味です。

それが転じて

他国に救いを求め逃れる意味

使われるようになったのです。



この「亡命」という言葉が

わが国で一般に用いられるようになったのは、

明治時代になってからです。



明治15年に朝鮮の政治家金玉均が

わが国に亡命してきて以来

「亡命」という言葉が

世間に知られるようになりました。



1971年には、

中国共産党内の権力闘争の中。

毛沢東暗殺計画クーデター未遂で

ソ連に亡命の途中飛行機事故で亡くなった

林彪事件がありました。



戦後の冷戦時代に、

ソ連の現役のパイロットベレンコ中尉が、

当時最新鋭のミグ25に乗って、

アメリカへの亡命を求め函館空港へ

強行着陸をしました。



1976年9月6日のことでした。

日本の防空識別圏をかいくぐって、

わが国の領土に侵入したことは、

わが国の防空問題にも大きな課題を

与える出来事でした




ベレンコ中尉の亡命希望が

はっきりしていたので納まりましたが、

国家機密が海外に流出したソ連にとって

許しがたい出来事であり、

まさに一触即発状態でした。



亡命というのは国を捨て

自らの命を懸けて行われる行為で、

中途半端な理由では

受け入れ側も簡単には了承しません。



最近多いのは、

北朝鮮兵士の韓国への亡命ですが、

本当に亡命なのか

亡命を装ったスパイの送り込みなのか、

なかなか判断が難しいようです。



亡命は望む側も受け入れ側も

大きなリスクを伴う重大事です。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 15:27| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

家族を裂く外国人収容!!

家族を裂く外国人収容!!


移民問題が世界中で問題になっています。

移民には寛大であったスエーデンでも

選挙で移民反対派が勢力を伸ばし、

ヨーロッパ各国で移民反対の保守陣営が

勢力を拡大
しています。



命を懸けて生まれた国を捨て、

ようやくたどり着いた国でも排斥されれば、


生きていくために犯罪に手を染めて、

ひいてはその国の治安を悪化させてしまい、

それが排斥につながる悪循環です。



自国で迫害を受け逃げてきたのか、

単に金を稼ぐためにやってきたのか

その判断はとても難しいと思います

労働のために来た外国人は

入国した国の労働者の仕事を奪います。



不法移民の発生する国は

中東や北アフリカが多い
ようです。

これらの国はイスラム教徒が多いのです

差別された不満は

過激派に走ってしまうでしょう。



イスラム教が悪いのではなく

差別に反発するイスラム過激派の

極端で残虐な行為が

一層イスラム教徒差別になっています。

善良なイスラム教徒にはいい迷惑でしょう。



日本は移民に厳しい国です。

不法滞在など

日本のルールを守れなかった人は

入国管理センターに収容されます。



韓国や中国の不法滞在者は

ものすごい数だとは思いますが

顔つきが似ていることもあり

社会に紛れ込むと見つかりにくいでしょう

アフリカ系の方は多分目立つと思います。



命の危険を感じて亡命を希望しても、

それを証明することは難しいと思います

万一亡命が認められず

退去強制命令が履行されれば

帰国した時点で命を奪われるかもしれません。



大村に入国管理センターがあります

大村入管に約100人が収容されています。

そのうち44人に日本で生活する家族が

いるといい家族が裂かれています。

6割超が1年以上収容されています。



2030年までに700万人超の

働き手が減ると言われています。

政府は来春単純労働分野を

外国人に解禁する方針
のようですが、

法の適用が偏っているように感じます。



もう少し韓国系、中国系に対して

厳しい摘発を行わなければ片手落ちです。

少し厳しくすれば、

かの国は強く反発するでしょう。

そんなこと気にしないでやってほしい。



今のままでは法の適用が

不公平
な気がしてなりません。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:02| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする