2018年09月20日

自民党よ、驕るんじゃないぞ!!

自民党よ、驕るんじゃないぞ!!


事実上次期の内閣総理大臣を決める

自民党の総裁選挙が

9月20日に行われます。

安倍VS石破の一騎打ちですが

悪いけど結果は明らかです。



現内閣の農水大臣は石破派の斎藤健氏です。

総理に反対なら辞任しろという

圧力があったといいます。

全くバカげたことをよく言うよ!!

ナンセンスだと思いませんか?



総裁選のそれぞれの主張を見ると、

安倍さんと石破さんの意見は

まるで与野党ぐらい異なっています

石破氏に離党せよといいますか?

それじゃ総裁選に出られませんよね。



確かに大臣の任命権は総理です。

麻生副総理の「圧力」擁護は

私は間違っていると思います


閣僚が首相の対立候補を支援するのは

不適切だ??ふざけるな麻生!!



意見の対立があり、

自由闊達に意見を述べられるのが

自民党の良いところ
ではないのか?

不変の自民支援者として、
 
麻生のような奴が副総理とは情けない。



とかく問題発言の多い麻生氏だが

大臣にしてやったという古い価値観は

財閥御曹司で金持ちだけの感覚で、

今世間ではやりの

パワハラそのものだと気づかないのだろう。



選挙最中で混乱させたくないとの思いで、

斎藤氏は発言者の名前を公表しませんでした。

こんな発言をした奴を自民党から追い出せ

国会議員は選良ではなく、

頭の悪い奴が大勢いすぎる



もう少しこの国の行方を憂う

憂国の士を選ばなければ、

この国に未来はなくなってしまいそうです。

党内の権力争いなんて「糞喰らえ」

このままでは日本は沈没します。



安倍さん次期はよろしく頼みます。

小切手外交は止め

国内の福祉にもっと力を注ぎ、

年金で老後が暮らせる国を作ることが

喫緊の課題に思えますがどうでしょう。



安倍ノミクスは失敗だと思っています。

大企業の業績は好調ですが

中小企業は人手不足に見舞われ

業績がいいとは言えません。

賃金上昇も大企業だけです。



今年は自然災害のオンパレードでした。

この状態で消費税を上げる積りのようです。

可処分所得が減り消費は沈滞。

オリンピック後は大不況の予感がします。

もう少し国民の足元を見てください。



17日は敬老の日でしたが

この国は敬老の国ではないことは

誰でも承知だと思います。

高齢者の負担は増すばかりです

一方年金給付は年々減少しています。



安倍総理がこだわっていた

働き方改革は嘘ばかりです。

あの法律で過重労働は増えるでしょう。

経団連におもねった似非改革だと思います。

役人の杜撰なウソをそのままでした。



行政改革をやってください。

役人の権限を奪ってください。

安易な規制緩和は小泉で味わいました

正規雇用の増大がその証拠です。

是非この国に明るい未来をください。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 18:42| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

今年の猛暑の影響はこんなところにも!!

今年の猛暑の影響はこんなところにも!!


先日秋の味覚として栗が

出始めた
との報道がありました。



何となく例年より少し早いのでは

という感じを持ったのですが

9月15日の新聞に

「猛暑に少雨 クリ異変」という記事が

一面トップに掲載されていました。



その記事の内容によれば、

今夏の猛暑や雨不足などを受けて

木が自らの身を守るために

収穫前のクリを落果させる「生理落果」

各地で発生しているといいます。



生理落果は土壌の水分が急激に減った場合

栄養状態が悪化した木が

自ら実を落とす現象だそうです

成熟する前のクリが次々に落ち

収穫量は昨年の半分になりそうだと言います。



影響はブドウやカキにもありそうで

6~8月の猛暑日が全国最多の44日だった

福岡県久留米市の田主丸町では、

ブドウの不育のために

ブドウ狩りの営業を終了しています。



昨年の九州北部豪雨で

甚大な災害を受けた朝倉市の柿農家

日焼けに悩んでいるそうです。

長時間直射日光を浴びた部分が

黄色に変色し味が落ちてしまいます。



今年はこれらの地域は

まだ台風の直撃を免れていますが、

台風による落葉も心配です。

養分を作る葉が9~10割落ちると

翌年の実の量が減る可能性もあります。



気象庁が命の危険があるとした猛暑

幾分過ごしやすくなった今も

思わぬところに影響が及び、

生産者にも消費者にも

暗い影を落としているようです。



地球の温暖化に伴い

これから毎年同じようなことを繰り返し

地球が次第に住みにくい環境に

少しずつ移行
していくのではと心配です

取り越し苦労なら良いのですが。



    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 12:33| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

夏場のゼリーには寒天が向いています!!

夏場のゼリーには寒天が向いています!!


お菓子屋さんの店頭には、

夏の季節のデザートとして

様々なゼリー類が所狭しと並んでいて、

暑い夏のひと時の清涼感

懸命にアピールしています。




透き通った中に浮かぶフルーツは

視覚からも涼しさを表現しています。

プルプルと素材を固める材料には

ゼラチンと寒天の2種類がありますが、

この二つの違いは何でしょう。



ゼラチンの原料は

動物の皮、腱、骨などから抽出した

たんぱく質(コラーゲン)です。



そのためパイナップルやキウイなどの

たんぱく質分解酵素を含む食品を

生のままで使用すると

固まらなくなってしまいます。



寒天の原料は、

テングサやオゴノリなどの海藻で、

ノンカロリーで食物繊維も多いので

整腸作用がありますし、

ダイエット食品としても人気です。



一度固まってしまうと見分けがつかない

2種類のゼリーですが、

ゼラチンの融解点は20~25度

寒天の85~95度に比して

かなり低くなっています。



このため夏場のゼリーつくりには

融解点の高い寒天を使うと

型崩れしにくくなるということです。



多分パティシエは、

よりおいしいゼリーを提供できるように

シーズン毎に工夫を凝らして、

いかに食感の良いゼリーを提供するか

懸命に努力しているのでしょう。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:59| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする