2018年09月16日

ふるさと納税に総務官僚がやきもち!!

ふるさと納税に総務官僚がやきもち!!


ふるさと納税に総務省が横やり

また役人がうごめいています。

ふるさと納税の返礼は3割以内。

何で役人が自治体に強制するんだろう

5割でも6割でもいいじゃないですか。



半分以上返礼しても

地方に少しでも残るのであれば

それは自治体の財源としてはプラスでしょう。

納税者が有利だ思うところに

納税するのも納税者の権利です。



こんなところに役人が首を突っ込んで

自分たちの権限強化を図ろうという

せこい官僚気質が情けない

地元に1割でも2割でも残れば

それは自治体の自己財源じゃないですか。



地元のものじゃないとだめだといいます。

地元のものじゃなくてもいいじゃないですか。

地産地消はわかるけど無いところが多いんだよ。

奪われた権限を取り戻そうと

自治官僚が口出ししているのは明白




野田総務相は約束違反じゃやないですか。

総裁選には出られずもやもやしている中で、

役人に取り込まれてしまったのか

野田聖子も意外に情けない



地方自治体が独自の財源を持つことが

そんなに悔しいのだろうか。

例え返礼が8割だったとしても

2割は地方に残るのだから

極論だけど地方にはメリットがあるはず



過度の競争で行き過ぎがあるかもしれないが

知恵を絞って競えば地方も元気になるでしょう。

地方創生という言葉は空論ですか??

官僚が要らぬことに口を出すな!!



どうしても疑問に思うのは

折角の良い制度を破壊するような規制を

何故今やらねばならないのかということ。

大都市集中地方の過疎化、地方財政赤字



地方財源がないことをいいことに、

将来自治官僚の肩書を背に

自治体の首長に転身するための準備??

「私なら国からこれだけ金を持ってこれる」

こんな風景が目に浮かびます。



安倍総理も、

こんなことを見過ごすのならば、

長期政権の記録に傷がつきますよ。

小切手外交は止めて、

毅然たる日本を作ってください。



こんな発想しかできない総務官僚の

頭の中のと現組織の改革、

地方自治体への権限のはく奪の方が

急いでやる必要があるように感じてなりません。



地方財源獲得の良い制度だと思います。

今回の総務省の規制に関しては断固反対です。

地方に裁量権を与え、

地方の思うとおり自由にやらせろ!!



    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:32| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

マスコミは「人の噂も75日」で全て尻切れトンボ!!

マスコミは「人の噂も75日」で全て尻切れトンボ!!


「人の噂も75日」といいます。

このところスポーツ界のゴシップネタが

民放のバラエティー番組で報じられ、

どのチャンネルに合わせても

ほとんど同じようなものばかりです。



人気タレントなどがMCとして、

興味本位なことばかりしつこく報じ、

ある期間が過ぎたら、

全く報道されなくなります


現象ばかり報じ結果は尻切れトンボです。



あんなに騒いだ日大アメフト部問題、

ボクシング協会問題は

ぱったり途絶えてしまっています。

特に日大問題で、

田中理事長はだんまりを決め込みました。



私は以前もメルマガで書きましたが、

まるで「人の噂も75日」と考えたのか、

全く表に出ないまま、

話題が沈静するのを待っているように

私には思えてならなかったのです。



あの時期にあれだけ田中理事長のだんまりを

おかしいと言っていたマスコミが、

監督とコーチの処分だけで

興味をなくしてしまったのでしょうか??

まるで理事長の策にはまったように思えます。



人の噂も75日と言いますが、

なぜ100日や50日のように

切りのいい数字ではなく75日なのでしょう。

この言葉が使われ始めたのは、

江戸時代中期以降だと思われます。



当時書かれた本の中に、

「人の噂も75日、

過ぎた昔は兎も角も、

今じゃ実の兄弟同然」

というセリフが出てきます。



一説によれば、

お米や野菜などの種を蒔いて

収穫に至るまでに75日
かかるために、

これが一つの区切りになっているようです。



日本には24節気という

季節の区切りがあります。

365日を24等分すると

一節気はおよそ15日になります。




昔から五節気経過すれば

全く異なる季節になると言われています。

15日×5節気は75日になります。



75日も経過すれば、

全く新しい季節に代わる
のだから、

それまでのことは忘れてしまおう

といった感じなのでしょう。



メディアはそんなに簡単に

忘れてもいいのでしょうか?

まるで「糞をたれて尻を拭かない」

(少し言葉汚くてごめんなさい)

と言われても反論できないでしょう。



日大は日本一のマンモス大学です。

卒業生の数も抜群に多く

周りを見廻せば日大卒は一杯です。

スポンサーを恐れて、

日大糾明をするのが怖いのかな??



告発した職員のその後の処遇は??

元監督の復帰は何時になるの??

田中理事長には責任はないの??

日大の経営体質は改善された??

他にパワハラや暴力はないの??



宮根、恵、坂上、加藤の諸氏、

あまりにも興味本位の番組内容は

そのうち視聴者から飽きられるよ。

もう少し客観的な立場から

事の本質をえぐってください。




このままでは田中理事長の

だんまり策にはまって、

日大の体質は変わらず、

いつの間にか忘れ去られて、

気付いたら元監督が理事長だってあるよ。



訳の分からん阿保タレントを集め、

阿保に意見を聞いても

まともな答えが出るはずもなく、

お笑い芸人が人を笑わすことが出来ず、

人に笑われている
現状は危ないよ。



昔大宅壮一さんが予言した

「一億総白痴化」という言葉を

思い出しています。

今まさにそんな時代になっています。

このままで日本は大丈夫なのでしょうか。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 08:40| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

うるち米と糯米の違いご存知ですか??

うるち米と糯米の違いご存知ですか??


米は我が国の主要な食糧です。

最近の子供はあまり米を食べないようです。

戦後に食生活が洋風化し、

パン食に移行しているようです。

でもお餅が好きな子は多いようです。



最近驚いたのですが、

お餅が米から作られること

知らない子供がいました。

ツマイモがどのようにして作られるのか

全く知りませんでした。



完全に加工された食品の原料が

どの様にして作られているのかを

教えられていないのですから

当然と言えば当然なのですが、

一瞬愕然としてしまいました。



米は中に含まれるデンプンの質の違い

うるち米と糯米(もち米)に分けられます。

うるち米はご飯として食べている米で、

糯米は餅やおこわとして食べる米です。



糯米には粘り気がありますが、

うるち米は粘り気が少ないのです

うるち米は炊いてごはんとして食べますが、

糯米は蒸してお餅にします。

その違いは澱粉の質の違いです。



澱粉は単糖類のブドウ糖(グルコース)が

たくさん結合した多糖類で、

グルコースのつながり方の違いによって

二つに分けられます。



グルコースが直鎖状に

長く結合したものをアミロースと言い、

枝分かれして結合したものを

アミロペクチンと言います。



うるち米の澱粉はアミロースが20%前後で、

アミロペクチンが80%前後です。

一方糯米の澱粉はそのほとんどが

アミロペクチン
なのです。



アミロペクチンは生の状態でも

半分ぐらい糊状になっています。

ですからほぼアミロペクチンだけの糯米は、

蒸すだけで糊状になるのです。



うるち米はアミロースを含んでいますから

炊かないと完全に糊状にはなりません。

うるち米は、

蒸すと芯が残ってしまいます。



私は餅も大好きですが、

なんといっても赤飯が一番です。

ゴマ塩を振りかけたら

おかずは何もいらないと思います。

せいろで蒸かした赤飯でなければ駄目です。



博多に高齢の夫婦だけでやっている

餅菓子屋さんがあったのですが、

この店の赤飯は絶品でした。

今は店を閉じてしまっていますが、

米は佐賀、豆は北海道のこだわりでした。



我が家では正月の雑煮の餅と

お飾りの鏡餅だけは贅沢をしています。

普通の市販の餅ではだめなのです。

正月だけに餅を搗いて販売する

特別な店で購入することにしています。



この店の餅は無駄なとり粉がついていなく、

きめが細かく引きも特別です。

一般の市販品はすぐカビが生えますが

この店の餅はカビが付きにくいのです。



鏡餅も上手に整形してあり

内部に無駄なとりこを巻き込んでいないから、

カビが生えにくいのだと思います。

きちんと冷えたものしか販売しません。

期間限定の正月の贅沢です。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:10| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする