2018年09月03日

権力を持つと自分の姿が見えなくなるのだろうか??

権力を持つと自分の姿が見えなくなるのだろうか??


日本体操協会の問題が

次第に生臭いものになりつつあります。

具志堅副会長の記者会見は見事でした。

それに引き換え塚原夫妻の反応は、

どことなく違和感を感じます。



塚原副会長はかつての名選手です。

日本体操界に果たした貢献度も

素晴らしいものがあることは認めます。

でも協会の副会長の発言とは思えません。

名選手イコール名協会リーダー???



大きな実績を背負って協会の幹部となり

権力を握るにしたがって、

周囲を公平に見る目が濁ってきたのでは??

自分の実績を過信し、

次第に傲慢になってはいないでしょうか。



わずか18歳の女子選手が

70歳の塚原夫妻に対して、

呼ばれただけでも威圧を感じることが

理解をしてあげられないのでしょうか。

しかも副会長と強化本部長です。



協会の副会長或いは女子強化本部長は

存在そのものが選手にとってパワーです。

もう少し言動には注意が必要だと思います。

宮原選手の発言を「みんな嘘」の発言は

あの時点で言ってはいけないでしょう。



火のないところに煙は立ちません。

はじめ口が重かった若手の元選手達が,

そろそろ口を開き始めました。

どの発言もパワハラの存在を匂わしています

過去のボイコット問題も蒸し返されています。



もうそろそろ自分たちが老害であることに

気付かなければならないと思います。

こんなことで過去を汚してほしくありません

次の世代を担うリーダーを

数多く育ててきているはずです。



もうそれらの有為の人材に

席を譲ってあげてはいかがでしょう。

どう見ても組織が硬直化していそうです。

あなた方がいなくても組織は動きます。

引き際を失うと哀れです。



女子強化本部長にたいして、

胡散臭い思いを持っている人は

かなりいるように思えます。

体操競技は審判の点数で競います。

塚原夫人がルールブックではいけません。



少しでもそのような疑いや疑問を

持たれたとすれば競技は成り立ちません


競技をしている選手は、

自分の出来栄えと他の選手の出来栄えは

自然にわかるものです。



諸々のことで不公正だと選手が感じたから

ボイコット問題が発生したのだと思います。

今の時代ならもっと大問題になったでしょう。

協会内の風通しを良くするため、

人事刷新を行い出直すのが最善です。



強い体操ニッポンにするために、

宮原選手が信頼するコーチが

きちんとコーチングできる環境を

整えてあげるのか急務です。

面子など捨てて非は非と認めるべきです。



18歳の少女と71歳の高齢者が

言った言わないの争いなどただ見苦しいのみです。

塚原夫人は自分がパワーそのものであることを知り、

謙虚な気持ちになることが必要です。

彼女の一言一言が選手にはパワーなのですよ!!



もうアマスポーツ界のスキャンダルは

見たくも聞きたくもありません。

選手たちが持てる才能を伸ばせるような

環境を早急に整え、

2020年に備えて欲しいと思います。



協会の面子なんてどうでもいい。

あくまでアスリートファーストを貫き、

協会幹部の特権階級的な考えは捨てましょう。

選手が一番望む形で練習できる環境を

作ってあげるのも協会の大切な仕事
です。



日大アメフト問題や今回の問題で

若い選手が大の大人を告発したのです。

この行動に及ぶまでには

ずいぶん心中で葛藤を繰り返したはずです。



若いアスリートにこんな思いをさせたことを

真剣に反省してください。

今後宮原選手が体操協会内で

決して差別的待遇を被らないように

心から願ってやみません。


セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:37| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする