2018年09月21日

家族を裂く外国人収容!!

家族を裂く外国人収容!!


移民問題が世界中で問題になっています。

移民には寛大であったスエーデンでも

選挙で移民反対派が勢力を伸ばし、

ヨーロッパ各国で移民反対の保守陣営が

勢力を拡大
しています。



命を懸けて生まれた国を捨て、

ようやくたどり着いた国でも排斥されれば、


生きていくために犯罪に手を染めて、

ひいてはその国の治安を悪化させてしまい、

それが排斥につながる悪循環です。



自国で迫害を受け逃げてきたのか、

単に金を稼ぐためにやってきたのか

その判断はとても難しいと思います

労働のために来た外国人は

入国した国の労働者の仕事を奪います。



不法移民の発生する国は

中東や北アフリカが多い
ようです。

これらの国はイスラム教徒が多いのです

差別された不満は

過激派に走ってしまうでしょう。



イスラム教が悪いのではなく

差別に反発するイスラム過激派の

極端で残虐な行為が

一層イスラム教徒差別になっています。

善良なイスラム教徒にはいい迷惑でしょう。



日本は移民に厳しい国です。

不法滞在など

日本のルールを守れなかった人は

入国管理センターに収容されます。



韓国や中国の不法滞在者は

ものすごい数だとは思いますが

顔つきが似ていることもあり

社会に紛れ込むと見つかりにくいでしょう

アフリカ系の方は多分目立つと思います。



命の危険を感じて亡命を希望しても、

それを証明することは難しいと思います

万一亡命が認められず

退去強制命令が履行されれば

帰国した時点で命を奪われるかもしれません。



大村に入国管理センターがあります

大村入管に約100人が収容されています。

そのうち44人に日本で生活する家族が

いるといい家族が裂かれています。

6割超が1年以上収容されています。



2030年までに700万人超の

働き手が減ると言われています。

政府は来春単純労働分野を

外国人に解禁する方針
のようですが、

法の適用が偏っているように感じます。



もう少し韓国系、中国系に対して

厳しい摘発を行わなければ片手落ちです。

少し厳しくすれば、

かの国は強く反発するでしょう。

そんなこと気にしないでやってほしい。



今のままでは法の適用が

不公平
な気がしてなりません。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:02| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする