2018年09月25日

コラーゲンを摂取したらお肌はぷりぷりになるのでしょうか??

コラーゲンを摂取したらお肌はぷりぷりになるのでしょうか??


テレビを見ていると、

中年女性をターゲットにした

美容液やサプリメント、食べ物等の、

コラーゲンの効果を強調した

コマーシャルが沢山放映されています。



食べ物のトップは「すっぽん」のようですが、

そのほかにコラーゲンボールを

具として入れたコラーゲン鍋なども

話題を呼んでいました。



私が行きつけのクリニックで聞いた話ですが、

コラーゲンは外から摂取しても

あまり意味がないと耳にしました。

本当のところどうなのでしょう。



コラーゲンの正体はタンパク質で、

腱や軟骨など人体のたんぱく質の

約三分の一を占めています




皮膚でいえば、表皮の下の細胞間で、

ばねのような役割をしていて

いわゆる肌の

ハリに一役買っている存在です。



外部からコラーゲンを摂取すると、

消化酵素によってアミノ酸に分解されます。

血中に溶け込んだアミノ酸は、

確かにたんぱく質を生成しますから

全く効果がないわけではありません



しかしコラーゲンを摂取したから

コラーゲンが増えるわけではなく、

通常の栄養として消化され、

摂取したコラーゲンの一部が

コラーゲンを生成しているのが実態です。



よくコラーゲンたっぷりの食べ物を食べ、

「お肌がプルプルになった」

いう人がいますが、

これは間違いでも正解でもありません



別のたんぱく質を摂取しても、

同じ効果が得られます
し、

却ってそちらの方が

もっとたくさんの栄養を

摂取できる可能性もあるのです。



だからと言って、

コラーゲンを摂取することに

意味がないわけではありません。

例えばサプリメントなどで

コラーゲンを摂取するのであれば、

コラーゲンを生成するのに効果がある

ビタミンCを一緒に摂取すると良いのです。



肌のハリがよくなるだけではなく

爪や骨も丈夫になり

一石二鳥の効果が望めます。



これは私の勝手な想像ですが、

コラーゲンを摂取して効果が出たと

自分で感じ思い込むことも、

お肌を気にする女性にとっては

十分な効果があるのではないでしょうか。



お肌の若さを保つためには

毎日きれいに洗顔して

お肌に塗ったファンデーションなどを

きれいに取り除いてしまえば

何時までもお肌ぷりぷりではないでしょうか。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:06| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする