2018年11月30日

「やばい」はもともと犯罪者の隠語なのですよ!!

「やばい」はもともと犯罪者の隠語なのですよ!!


「やばい!先公が来た」

「この料理、超やばくねー?」

最近は若者ばかりではなく

一般の日常会話にも頻繁に

使用されている「やばい」



本来は「危険だ」という

マイナスの意味のはず
ですが

そこから派生して、「最高だ」

「すごくいい」「かわいい」といった

プラスの意味でも使われています。



「やばい」という言葉は、

元々は犯罪者たちの隠語でした。

隠語とはある集団独自の言葉のことです。

仲間どうし秘密裏に意思疎通を行うため

用いられる言葉です。



「やばい」の「やば」は名詞で、

「刑事、巡査、探偵、看守」のこと
です。

これに「い」がついて形容詞化したのです。

犯罪者たちは「刑事」が来たら

「やばい」と言って逃げていたのでしょう。



実は私は最近の「やばい」の使い方に

非常に違和感を持っています。

固有名詞を上げるのは控えますが、

日本語もまともでないタレントが、

何でもかんでもやばいを連発しています。



危なかったことをやばかったはいいですよ。

美人を見ても景色がよくても「やばい」。

うまいもの食ったら「やばい」。

観るもの聞くもの全てがやばいようです。

他の日本語は知らないのでしょうか?



その影響かもしれませんが、

今や一般の人でさえ

犯罪者が使っていた「やばいを」

あたかも誉め言葉のように使っています。



言葉は時とともに変化するのは分かります。

強度のマイナスの言葉は

強度のプラスの言葉に転じる
ことがあります。

現在の「やばい」の使い方も

このためなのでしょうか?



英語の「Cool」は冷たいという意味です。

しかし、「素晴らしい」「かっこいい」

という意味でも使われます。

同じような例は、

日本の古典でも使われています。



それは「ゆゆし」という形容詞です。

「ゆゆし」は禁忌の「斎(ゆ)」が

形容詞化したもので、「畏れ多い」、

「忌まわしい」「不吉だ」という

マイナスの意味を持っています。



それが中世以降は、

「素晴らしい」「立派だ」という

プラスの意味でも使われています。

例えば「徒然草」の一節には

このように使われています。



「徒人も、舎人など賜る際はゆゆしと見ゆ」

(普通の公家でも、

随身などを朝廷から賜る身分の人は、

素晴らしいと思われる)

兼好法師(吉田兼好)も使っています。



この場合の「ゆゆし」の使い方は、

単に「素晴らしい」というだけではなく、

「畏れ多いほどに素晴らしい」という

語源の意味も残している
ところが

さすが当代随一の随筆家ですね。



このようなことを考えれば、

最近の「やばい」の使い方に関しても

あまり目くじらを立てては

いけないのかもしれません。



しかし、何でもかんでも「やばい」には

大いに抵抗を感じる高齢者です。


   セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:20| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

「やばい」はもともと犯罪者の隠語なのですよ!!

「やばい」はもともと犯罪者の隠語なのですよ!!


「やばい!先公が来た」

「この料理、超やばくねー?」

最近は若者ばかりではなく

一般の日常会話にも頻繁に

使用されている「やばい」



本来は「危険だ」という

マイナスの意味のはず
ですが

そこから派生して、「最高だ」

「すごくいい」「かわいい」といった

プラスの意味でも使われています。



「やばい」という言葉は、

元々は犯罪者たちの隠語でした。

隠語とはある集団独自の言葉のことです。

仲間どうし秘密裏に意思疎通を行うため

用いられる言葉です。



「やばい」の「やば」は名詞で、

「刑事、巡査、探偵、看守」のことです。

これに「い」がついて形容詞化したのです。

犯罪者たちは「刑事」が来たら

「やばい」と言って逃げていたのでしょう。



実は私は最近の「やばい」の使い方に

非常に違和感を持っています。

固有名詞を上げるのは控えますが、

日本語もまともでないタレントが、

何でもかんでもやばいを連発しています。



危なかったことをやばかったはいいですよ。

美人を見ても景色がよくても「やばい」。

うまいもの食ったら「やばい」。

観るもの聞くもの全てがやばいようです。

他の日本語は知らないのでしょうか



その影響かもしれませんが、

今や一般の人でさえ

犯罪者が使っていた「やばいを」

あたかも誉め言葉のように使っています。



言葉は時とともに変化するのは分かります。

強度のマイナスの言葉は

強度のプラスの言葉に転じる
ことがあります。

現在の「やばい」の使い方も

このためなのでしょうか?



英語の「Cool」は冷たいという意味です。

しかし、「素晴らしい」「かっこいい」

という意味でも使われます。

同じような例は、

日本の古典でも使われています。



それは「ゆゆし」という形容詞です。

「ゆゆし」は禁忌の「斎(ゆ)」が

形容詞化したもので、「畏れ多い」、

「忌まわしい」「不吉だ」という

マイナスの意味
を持っています。



それが中世以降は、

「素晴らしい」「立派だ」という

プラスの意味でも使われています


例えば「徒然草」の一節には

このように使われています。



「徒人も、舎人など賜る際はゆゆしと見ゆ」

(普通の公家でも、

随身などを朝廷から賜る身分の人は、

素晴らしいと思われる)

兼好法師(吉田兼好)も使っています



この場合の「ゆゆし」の使い方は、

単に「素晴らしい」というだけではなく、

「畏れ多いほどに素晴らしい」という

語源の意味も残しているところが

さすが当代随一の随筆家ですね。



このようなことを考えれば、

最近の「やばい」の使い方に関しても

あまり目くじらを立てては

いけないのかもしれません。



しかし、何でもかんでも「やばい」には

大いに抵抗を感じる高齢者です


   セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:42| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

自民党政権が信用できなくなってきました!!

自民党政権が信用できなくなってきました!!


平成30年も残り1ヶ月と4日、

今上陛下のご退位が決まり、

平成最後の師走がやってきます。



経済界は好景気で人手不足だと言いますが、

庶民には好景気の実感はありません

不足する人手を、

海外に依存しようとしています。

安い労働力に頼ろうとしています



日本人の労働者の賃金を抑え、

人手不足を補うための新規投資はせず

安易に海外の低賃金に労働力に

頼ろうとしています


これって少しおかしくはないでしょうか。



万一景気が下降した場合、

最初に切られるのは海外の労働者でしょう。

このような事態を想定しているのでしょうか。

切られた外国人の処遇はどうするのでしょう。

ヨーロッパの国々の現状を見ればいい!!



国内でも非正規の派遣労働者は、

簡単に派遣切りをされています。

正規雇用者と大きな格差をつけられ、

派遣会社に中間搾取され、

不安定な雇用関係を余儀なくされています。



これは景気によって人件費を増減し、

何ら新規の対策を講じないシステムを認めた、

小泉政権時代の派遣法の改悪が、

経営者に安易な手段での利益確保

認めたせいではないでしょうか。 



少子高齢化のために、

労働力が不足していると言います。

出生率が低下したのは、

子供を育てるのに金がかかるからでしょう。

子供を産ませる対策がないからです。



高齢者の介護の人材が不足だと言います。

子供がいて働けない女性は大勢います。

これらの女性が働ける対策をとれば、

資格を持った女性は余るほどいると思います。

介護者の待遇もよくしなければなりません



このような対策はないがしろにして、

目先の人材不足を語るのは

本末転倒
です。

「働き方改革」の言葉は立派ですが、

良いほうへの改革は何もありません。



今の政府は国民に目が向いていません。

業界団体の要求だけは

簡単に政策に取り入れていますが、

国民の目線に立った政策は、

言葉だけで現実は真逆です




裕福な家庭に生まれ、

お金の苦労などしたこともない連中に

庶民の苦しみなど分かるはずがありません。

来年の消費税増税も国民の購買力低下を恐れ,

場当たり的な対策ばかりが出てきています。



キャッシュレス化もいいでしょう。

しかし大根1本ネギ1把を

カードで購入させるつもりでしょうか。

「減税対策」という言葉もごまかしです。

増税ありき前提での言葉です。



暫定的に5%のポイント付加なんて

ふざけた欺瞞行為はお断りです。

この場合の暫定は9ヶ月のようです。

ガソリンの暫定税率は無期限継続です。

「暫定」の意味は分かっているのでしょうか。



財務官僚の配分権を強めるだけの、

増税による財源の確保は、

国民にとって「百害あって一利なし」です

増税しても福祉には使われないでしょう。

最近政府が信じられなくなりました



お金を使えば10%の罰金を払うのです。

罰金を払ってまで物を買いますか?

軽減税率というから騙されますが、

現行通りに8%の罰金は

払わねばならない
のです。



日本は低給付高負担の国

姿を変えてしまいました。

高齢者には冷たい国です。

今のままだと100年後には

日本は消滅
しているかもしれません。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:50| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする