2019年01月31日

官僚が失敗の責任を取らずに済む理由は何でしょう??

官僚が失敗の責任を取らずに済む理由は何でしょう??


失敗の責任は一切取らない

これが官僚世界の基本ルールです。



財政政策、金融政策で

これだけ失敗を繰り返しても

それが理由で首になった官僚など

聞いたことはない
はずです。



官僚が責任を取らずに済む理由の一つに

人事異動のローテーションが短い

ということがあります。

高級官僚になるほど

同じポストに1年から2年しか留まりません



そのため一つの政策の立案から実施まで

一人で担当することはあり得ない
のです

そうなると実施の段階で失敗しても

「計画が良くなかった」と

前任者の責任にすることが出来ます。



前任者にしても、

「いや、実施方法がまずかった」と

後任者に責任を押し付けることが出来ます。



例え自分に責任があるのが明らかでも、

「あれは時期が悪かった」

「当時は予測不可能だった」と弁解
し、

何とか責任を回避しようとします。



確信的にそう思っていることも多く、

それくらい責任を取らないことが

体質化
してしまっているのです。



結局「誰の責任か」と役所の中で

原因を追究されることはなく

責任の所在はうやむやのままに

終わってしまう
ことが多いのです。



更に官庁が国会や国民に対して

失敗の責任を認めることはあり得ません。

責任を認めれば

誰かが責任を取らねばなりません




それを避けるために官僚たちは

絶対に失敗を認めない
のです。

かつて諫早湾干拓工事のように

批判が集中する公共工事も着手してしまえば、

決して中断しようとはしませんでした。



動き始めた公共工事などを、

途中で中断するということは

失敗を認めたことになるからです。

何とか理由を付けて継続しようとします。

官僚の無謬神話を守るために。



今回起きた厚生労働省の

毎日勤労統計の取り方の問題、

お手盛りの第三者委員会の調査の結果。

組織的な統計の偽装はなかったと

結論付け問題になりました。



過ちを認めるわけにはいかないのです。

最終的にどこで落とし前を付けるのか、

多分犠牲者の出ない形で落着しようと

いろいろ工夫を凝らして

速く幕引きをしたいのだと思います。


   セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 21:04| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

「元号」ってどうやって決まるのでしょう??

「元号」ってどうやって決まるのでしょう??


元号制度は、

元々中國の前漢・武帝の時代に始まりました

これが日本を含む漢字文化圏に広まり

定着したものです。



日本では、

1979年「元号法」が制定され、

元号は、

「皇位の継承があった場合に限り改める」

ことが法的に定められました。



昭和から平成に変わったのも、

昭和天皇の崩御

皇位が今上天皇に継承されたからです。



今年は今上陛下が自らのお考えで

4月30日に御退位されるということで,

5月1日から新しい元号に変わります。

現在の法律の定めでは譲位されることに関し

定めがありません。



このため安倍内閣では、

特例法をもって御譲位を定め

例外的にご生前での御譲位を

行えるようにしたのです。



皇位継承の際に元号が改められるという

「一世一元制」は古い制度ではなく、

明治以降の方式です。



それ以前の例でいえば、

「安政」と「万延」は

同じ孝明天皇の御代でした。



大老の井伊直弼が「桜田門外の変」で、

水戸浪士の襲撃で討たれたことをきっかけに

元号が改められました。

凶事があった時や人心を一新するためなどの

理由で改元さ
れていたのです。



では昭和、平成といった元号は

どのようにして決まるのでしょう。

元号法によれば、

「元号は、政令で定める」となっています。



実際には内閣総理大臣が、

若干名の有識者に

候補名を挙げてもらうように依頼
します。

そして提案された複数の候補名の中から、

内閣官房長官が中心になって検討します。



その基準は、『国民の理想にふさわしい

意味を持ち、漢字二字で書きやすく読みやすく

しかも俗用されていない』
ことと

79年の閣議報告で示されています。



その原案を全閣僚で協議し、

衆・参院の正・副議長に意見を聞き、

その後に閣議で政令として

決定
するという手順を踏みます。



そうした手順を経て決められるわけで、

準備は早くから始められています

だからこそ平成も昭和天皇が崩御された

1989年1月7日の翌日には決まり、

昭和が終わった翌日から平成が始まりました。



今年からの新しい元号

一体どのような元号になるのでしょうか。

頭文字にM,T,S,Hは多分ないでしょう

どんな元号になるか楽しみです


    セーフティーコン




posted by セーフティーコン at 10:17| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

地震の震度はどうやって決まっているのでしょう??

地震の震度はどうやって決まっているのでしょう??


昔から、「地震、雷、火事、親父」と言われ、

地震は怖いものの筆頭でした。

地震の怖いところは

いつ来るかわからないところにあります。



最近は地震予知の研究が進み、

各地に数多くの観測機器も設置され、

大規模地震に関しては

大まかな予想はかなりの確率でできますが

日時の予知はまだ無理
です。



地表から地中に関しては

掘ってみるなりボーリングをしなければ

どのようになっているか観測できません。

学問的にはかなり進んでいますが

個々の地震予知は多分今後も難しいでしょう



日本全国ハザードマップ

地下の活断層の様子が記された地図が

オープンになっていますが、

東京都下は活断層空白地帯です。



多分無数の活断層が存在するのでしょうが

地上があまりにも高度に都市化され、

最早地上からの調査が不可能なため

地図上の空白地帯になっているのです。

直下型の地震発生は否定できません



もっとも、折角地震を予知できたとしても、

適切な防災措置が伴わなければ

何の意味もないでしょうし、

地震予知を発して外れた場合の反動が怖く

安易に予知発信は出来ないでしょう。



地震が発生すると

携帯に警報が入り、テレビではすぐに

テロップで震源や震度が流されます。

震度は0から7までに分けられ

地震の揺れ方の度合いを表す数値です。



この震度、何か揺れ方を測定する器械があり

それに基づき決められるのだろうと

想像しがちですが、

実際には震度を決めるのには器械類は

一切使用しません




予報官の感覚のみに頼って

判断を下しているのです。



震度とは地震のエネルギーの大きさを示す

マグニチュードとは異なり、

人間が実際に感じる

揺れの度合いを表したものです。



これは地盤の良し悪しや震源地からの距離、

震源の深さによって大きく左右されます。

また同じ震度でも大きくゆっくりした揺れと

小刻みに激しく揺れる場合とでは、

人の感じ方も微妙に変わってきます



気象庁では、

そうした揺れ方の実感や被害状況と、

余りずれのない数値を出すように

努めているというわけです。



おおざっぱに言って、

棚の上ものが落ちてきたりする程度を震度4

ブロック塀が崩れたり

一部の家屋が壊れたりする程度が震度5

関東大震災のように大きな被害が出る

激しい地震が震度6と考えれば良いようです。



世界中で発生する震度6以上の地震の

約20%は日本で発生
しています。

この現実は逃げることが出来ません。

この日本列島の宿命です。



この事実を厳粛に受け入れて、

万一大地震が発生した場合に

被害を最小に留め安全に避難をするかを

日ごろから準備しておくことが大切です。



先人は言っています。

「何物にも顧みず避難すべし」と


   セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 11:19| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする