2019年11月02日

首里城があっという間に灰になってしまいました。!!

首里城があっという間に灰になってしまいました!!


首里城が火災で焼失しました。

一体文化財の管理はどうしているのでしょう。

先にフランスでノートルダム寺院

焼失してしまいました。

人類の宝がなくなっています。



観光が主な収入の沖縄で

最もインパクトの大きいはずの首里城

あっという間に灰になりました。

本当に大切なものだということが

分かっていたのでしょうか。



無くなって始めて重要さが分かったようです。

第二次世界大戦の沖縄地上戦で

完全に消失してしまった首里城を

出来るだけ昔の形に忠実に復元し、

ようやく修復工事も完成したばかりでした。



こんな重要な建造物に、

スプリンクラーも備えていなかったなんて

信じられないことではないでしょうか

木造建築ですから火が一番怖いことを、

日本人なら一番最初に気付くはずです。



日本国民は沖縄に大きな負担を強いています

沖縄の一番いい場所が基地になっています。

基地なんてないに越したことはありません。

基地があるゆえの迷惑は計り知れません

そのことは十分に理解しています。



でも尖閣のことでもわかるように、

お隣に海洋覇権を狙っている

大きな国がある
ことはご承知でしょう。

沖縄列島は彼等の太平洋進出に

大きな障害になっています。



沖縄は太平洋のキーストーンです。

沖縄県民が日本人であるなら

中国の野望を許せないはずです。

香港を見ればわかるでしょう。

新疆ウイグル地区は悲惨な状態です。



チベットも独自の文化が、

どんどん破壊され住民は悲惨な状態です。

台湾は香港の現状をみて気付いたようです。

中国は沖縄を自国領にするため

虎視眈々と狙っています。



私も辺野古の海がなくなるのには

本心は反対です。ジュゴンが心配です。

でも普天間の現状を放置できないでしょう。

基地が沖縄にあるから中国は、

好き勝手が出来ないのではないでしょうか。



基地がなくなって自国だけで守れるならば

米軍の撤退もいいでしょう。

広い国土と十数倍の人口を持つお隣の国に、

自国だけではとても対抗できません。

シーレーンを守るためにも沖縄は重要です。



日米安保はとても重要です。

沖縄の皆さんにはまことに申し訳がないけど

自分の国のために我慢してください。

狭い国土の日本の宿命です。

ハトポッポの馬鹿の言葉は忘れてください。



デニー知事は前任者の意思を踏襲し、

反辺野古で頑張っていますが、

沖縄に残る数少ない世界遺産を守るために

少しでも配慮があれば、

首里城を灰にすることは防げたかも……



出来たことは致し方ありません

沖縄のシンボルである首里城再建に

日本政府は全力で協力してください

出来るだけ早い時期に

再建の方向を示してください。



中華人民共和国の属国なんかに

なりたいと思っている人はいないはずです。

韓国の文在寅とは考えは違うはずです。

日本国民一致団結して中國に対抗し、

台湾の独立を助けましょう。



沖縄の皆さん勝手なことばかり言って

申し訳ありません勘弁してください。



      セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:51| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする