2020年01月31日

コロナウイルスによる新型肺炎の蔓延!!

コロナウイルスによる新型肺炎の蔓延!!


中國の武漢市を中心とする湖北省で

コロナウイルスによる肺炎が蔓延

ちょうど中国の正月春節と重なり

民族の大移動が原因で

世界に拡散しようとしています。



どうも湖北省や武漢市が初動を誤り

人の移動を規制しなかったことと、

事態を過小に発表し、

患者数などを隠ぺいしたことが

世界中への拡散を招いた様に思えます。



中国の団体旅行が禁止されたり

各国政府が感染の中心地である武漢から

自国民を退避させる動きが始まっています

状況は深刻化しています。



北海道では武漢への渡航経歴がない人

新型のコロナウイルスによる肺炎に

り患したとの報道もあります。



我が国は武漢地区に在住の邦人の

武漢からの退去希望者を

全日空のチャーター機によって

脱出させる措置も講じましたし、

「指定感染症」にも指定しました。



わが国では春節に訪れる中国人観光客が

各地でキャンセル
になり、

ホテルやリゾート施設、商業施設など

ほぼゼロになっていた韓国の観光客に加え

中国人観光客の減少に悲鳴が上がっています。



新型肺炎による死亡者数や患者数は、

毎日その数字が大幅に増え

感染拡大が止まらない様相は

世界的に深刻な状況を示し

東南アジアへの感染拡大は深刻です。



わが国でも渡航者以外が発症しています。

人から人への感染

ほぼ間違いない状況で、

今後感染者がどの様に広がるのか

どこまでで抑えられるのかが心配です。



無駄に人ごみの中には行かない

こまめな手洗いやアルコールによる消毒

マスク装着による感染防止など

自分でできる予防措置を行いましょう。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 12:03| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

また裁判員裁判の判決が覆されました!!

また裁判員裁判の判決が覆されました!!


兵庫県洲本市で2015年3月、

男女5人をサバイバルナイフで刺殺した

殺人と銃刀法違反の罪に問われた、

平野達彦被告の控訴審判決が

大阪高裁で言い渡されました




「妄想性障害による心神耗弱状態だった」と

認めて、死刑とした一審神戸地裁の

裁判員裁判判決を破棄

無期懲役を言い渡しました。



裁判員裁判で死刑判決が出たものを

二審で無期懲役に減刑されたのは、

これで7件目になります。

裁判員裁判を馬鹿にしていませんか?



裁判官が裁判員裁判を覆すために、

精神耗弱という最も検証しにくい理由

裁判員裁判制度をつぶそうとしているように

感じられて仕方がありません。



裁判官にはプロとしてのプライドがあり、

素人の裁判員に死刑に判決なんて

おこがましいとでも思っている
のでしょうか。

裁判官がそんなに秀でた人達なのでしょうか。



単に司法試験に通っただけの世間知らずの

視野の狭い人間集団のようにしか

私には思えてなりません。

制度開始から10年になりますが、

裁判官のアンチ裁判員の姿勢が見え隠れします。



裁判員を否定的に評価する際、

素人に対する「刺激証拠」の問題が出てきます。

起訴時のオリジナルの証拠が
 
刺激証拠だという理由で採用されなければ

刑事裁判として違和感は残ります



確かに裁判員の中には

刺激証拠は見ることに耐えられない人も

居るかもしれませんが、

そのような証拠が駄目な人は辞退すればいい

司法関係者だけが刺激に強いのだろうか。



裁判の判決が、韓国の司法のように、

情緒により左右されることは許されません。

しかし裁判官の判断は先例に縛られ

国民感情や被害者感情を軽んじています



特に死刑判決を下すにあたって、

永山基準がおかしい

人を殺した人数が死刑判決の判断なのは

おかしい
のではないかと思います。

1人なら無期なんて許されないと思います。



もうそろそろ永山基準は見直すべきです。

世界的に死刑廃止が主流で、

死刑廃止論があるのも知っています。

冤罪問題が議論されているのも知っています。

しかし私は死刑廃止論には反対です。



死刑を廃止するのであれば無期ではなく

終身刑で仮出所はなしにすべきです。

懲役50年100年があってもいいでしょう。

日本の刑法は殺人に対して甘すぎます



高裁の判事さん方は

裁判員を馬鹿にし過ぎてはいませんか?


       セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 11:36| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

ヒートテックは薄いのに何故温かいのでしょう??

ヒートテックは薄いのに何故温かいのでしょう??


ヒートテックは、

“吸湿発熱繊維”という素材を用いた衣料。

吸湿発熱繊維とは、

汗などの水分を吸収して発熱する繊維です。



この繊維はユニクロと大手繊維会社東レが

共同開発した画期的な素材です。

そもそもこの素材は何故暖かいのでしょう。



その秘密はこの繊維素材の仕組みにあります。

元々の原理を突き詰めると

他の衣類と共通しています。

例えば、羊毛のセーターがありますが、

なぜ羊毛のセーターが温かいのでしょう。



これは「吸湿発熱」という仕組みなのです。

人間の身体からは常に

水蒸気が発散
されています。

人は体が濡れるとその水分が蒸発するとき

熱を奪われるために涼しく感じます。



この水分が細かな繊維にくっつくと、

水分の粒が繊維の間でこすれて

結果として熱を発生させるという仕組みが

吸湿発熱という原理なのです。



羊毛のセーターなどは

特にこの現象が起こりやすいい衣類なので

数百年前から防火衣類として

人に利用されてきました。



ヒートテックは、

人の肌から出ている水蒸気を吸収し、

それが液体の水になることで熱を発生します。

水蒸気を吸収しやすいつまり吸湿性が高い

繊維だから「吸湿発熱繊維」というわけです。



体熱や吸湿発熱で暖められた

空気を保持(保温)するためには

空気を動きにくくする必要があります。



ヒートテックは肌が接する部分に

綿より吸湿性が高いレーヨン使い、

その外側に髪の毛の10分の1の細さに

加工されたアクリルを配しています



このマイクロアクリルを使うことで、

繊維と繊維の間にできるエアポケットが

大きくなるようにしています。

エアポケットによる断熱効果で、

熱を外に逃げにくくしているのです。



ただこのヒートテックにも

弱点がいくつかあります。

大量に汗をかく場合に水分貯蔵限界に達して

熱発性の仕組みの支障が出てしまいます。



汗を吸いすぎて肌が乾燥します。

MRI検査で汗をかいたままでは危険です。

電気が流れてやけどの危険があります。

化学繊維アレルギーの人は要注意です。

静電気を発生しやすい繊維です。  



ヒートテックの下着は暖かです。

上手に利用すれば

冬の寒さを和らげてくれます。

特性を十分に知って利用しましょう


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:56| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする