2018年09月27日

日本相撲協会を一度解散してしまえ!!

日本相撲協会を一度解散してしまえ!!


相撲が国技であるなんて誰が決めたんだ。

全く相撲馬鹿の頭が空っぽの集団が

自分たち限られた集団の権益擁護のため、

一人の反逆児をいじめているとしか

我々には見えません。



貴乃花も協調性に欠けるところが

ないとは言えないと思いますが、

今の日本相撲協会は

公益法人の資格はない
と思います。

単なる興業集団にしか見えません。



こんな団体に税の優遇など

する必要を認められないと思います。

熱烈な相撲フアンがいることも知っています。

しかし今の相撲協会は

内部そのものが真っ暗闇
です。



こんな単なる相撲という興業

何でNHKは毎場所実況中継するのだろう。

相撲に興味のない人もいるのに

公共の電波を一部のフアンのために

一方的に電波で流すのはおかしい。



今回の貴乃花の引退宣言に関しては

相撲協会の圧力はあったと思います

現理事たちにとって貴乃花は

現役時代からの輝きが違います。

彼ら受益者集団には目の上のたん瘤でしょう。



芝田山広報部長の反論は、

私には陳腐としか聞こえません。

全面的に貴乃花が正しいとは思いませんが、

八角理事長以下の理事たちが

貴乃花排除をしているのは事実
でしょう。



自分の弟子の不祥事で

告発状を取り下げています。

その内容を事実無根だと認めろなんて

少し図に乗りすぎです。



取り下げている告発状の内容を

事実無根だと言わせたいのは、

事実だからそのままでは困るのでしょう。

そんな圧力はかけていないというのは、

外向けの強弁に過ぎません。



体操協会のパワハラ問題も、

密室での出来事であり

当事者にしかわからないことです。

文書ではなくとも態度で感じます。

陰に陽に圧力を感じたのでしょう。



親方と力士は,

5つある一門のいずれかに

所属しないといけないと決定しました。

入る一門が無ければ

今回の問題が起きることは明白
でしょう。



一門所属を義務付ける決定は公表されず、

各一門代表の理事から親方衆に

通達されただけだといいます



頑なな性格で

今後も協会との衝突が予想される

貴乃花親方を受け入れる一門は

皆無だ
とみられ、

協会が包囲網を敷いた形です。



貴乃花親方の

受け皿がないのを承知で一門所属を

義務付けた協会の手法は

あらゆる条件を付け

貴乃花追放工作がありありです。



一度相撲協会の理事長以下の役員は

全員辞任して、

世間が認める選挙人により

選出し直せばいかがでしょう。

今のままでは国技とは認められません



貴乃花の性格から、

自分の思い込みが激しいかもしれません。

しかし、事実無根を主張するような

曲がった性格や策を弄することは、

先ずあり得ないのではないでしょうか。



芝田山広報部長の反論は

残念ながら正直な反論だとは

受け取れないの
が現状でしょう。



第三者委員会の事実無根の発表は

信じるわけにはいきません。

第三者委員会に第三者委員会が

必要
な気がしてならないのは

私だけの感じ方なのでしょうか??



とにかく一度相撲協会を

完全に解体してしまえ!!!


セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 16:37| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください