2019年11月06日

藻新聞なんていらない!!

もう新聞なんていらない!!


消費税が増税されて約1か月が経過しました。

色々なところで混乱が起きています。

麻生財務相が前回増税先送りの時に

「めんどくさい」と言ったことを覚えています。

自分がやるわけでもあるまいに……



今度の増税で食料品を中心に、

生きていくため最小限必要なものの税率が

据え置きになりました。減税ではありません

一つ不思議なことがあります

新聞代が増税対象から外れています



最悪の場合新聞がなくても生きていけます。

新聞は生活必需品でしょうか?

増税前に新聞は反対キャンペーンを

全く行いませんでした。

おかしいとは思いませんか?



増税前から食料品の「減税措置」と表現

増税を前提の減税措置であって、

単に8%の税率を据え置いただけなのに

なぜ減税措置という言葉を使ったのでしょう。



新聞が税率据え置きになったことによって

増税反対を封じられたのでは?

ただでさえ捏造記事を発信し

故意に世論を誘導するかの報道をし、

事実を歪曲して報道している大手新聞。



新聞記者はジャーナリスト??

昔大手の新聞記者を

談合問題でやり込めたことがあります。

たまたまある小料理屋で

某大新聞の記者と隣同士になりました。



談合罪の意味も知らないで、

得意げに建設業の談合?を話していました。

知らん顔をして

談合って何ですかと聞きました。

返事は思った通り大間違い。



何の勉強もせず自分で調べもしないで、

安易に談合を語っていたのです。

談合罪で起訴されたことはないこと、

公平入札妨害罪であることを説明したら、

おとなしくなって直ぐにいなくなりました。



今のような新聞報道を続ければ、

いずれ新聞というメディアは

消滅
してしまうのではないでしょうか。

ただでさえ新聞は番組表だけという

若者が増えています。



新聞料金の税率8%据え置き

何らかの恣意が働いたと私は確信します。

紙を食っては生きてはいけません。

活字は栄養にはなりません

増税に関しては新聞は政府の犬



一社ぐらい「据え置き」という言葉を

使って欲しかった。

「減税」という言葉に騙されて

安くなるという誤った感覚を植え付けられ

国民は仕方ないと思わされたのです



情報操作にまんまとはめられました

その一翼を担ったのが

腐りきった大手新聞メディアでした。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 08:09| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください