2019年11月13日

有機物と無機物の違いをご存じですか??

有機物と無機物の違いをご存じですか??


私たちは、日常生活の中で、

「モノ」という言葉を無意識に使っています。

しかし理科系の考え方をすれば、

モノには「物体」と「物質」とがあり、

はっきりと区別されています。



目の前に「ごはん茶碗」があるとします。

この茶碗は普通の言葉では「モノ」です。

しかし理科系では「物体」と呼びます。

同時に焼き物という「物質」でもあります。



身の回りのもので考えてみます。

指にはめているダイヤのエンゲージリング。

指輪は物体ですが、

それについているダイヤは「物質」です。



理科系がこだわるのは、

主に「物質」の方ですが、

「物体」も無視するわけではありません。

ある物質をある物体にするためには

化学変化が必要
です。



それを研究するのが理科系とも言えます。

私たちの身の回りでは。

有機肥料とか有機栽培や有機野菜など

無意識で有機という言葉を使っています。

有機ってどういう意味なのでしょう。



物質は「有機物」と無機物」に区別します。

スーパーなどでは

「有機野菜」と書いてありますが

実は野菜などは有機物なのは当たり前、

有機野菜は有機栽培の野菜という意味です。



有機栽培とは

農薬や化学肥料を使わない栽培という意味で、

有機物の有機とは意味が違うのです。



では有機物とは何なのでしょう。

有機の「機」は「炭素」のことなのです、

有機物とは炭素を含む物質のことなのです。

無機物と言われるものには

炭素が含まれていないのです。



例えばあなたのすぐそばにあるもの

塩と砂糖で考えてみましょう。

見た感じはよく似ている塩と砂糖ですが、

砂糖は燃えて炭になるので有機物です。

塩は燃えませんので無機物です。



食卓に上っているもので、

肉や魚野菜は有機物です。

コップに入っている水は無機物です。

スプーンやフォークも無機物です。



ただ注意しなければならないのは

ごみの分別などで

燃えるゴミ・燃えないゴミの区別は、

理科系でいう有機・無機とは

異なっていますので気を付けてください。



でも有機野菜や有機米というのは

有機肥料やカルガモの糞など

化学肥料や農薬を使用していない

有機栽培方法で作った野菜やコメです

どうぞ安心してお食べください。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 08:28| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください