2019年12月31日

除夜の鐘がうるさいからやめろ??ふざけるんじゃないよ!!

除夜の鐘がうるさいからやめろ??ふざけるんじゃないよ!!


今年も残すところ2日となりました

スーパーなどの陳列もお正月気分

後ろで流れるBGMも

「モーいくつ寝るとお正月……」

入り口付近にはしめ飾りを売っています。



新聞を読んでいたら、

気になる記事が目に入ってきました。

「今年からは除夜の鐘は中止。

近隣からうるさいと苦情」

読んであっけにとられました。



まったくばかげた苦情だと思います。

現在住んでいる人よりお寺の方が

先にあった
のではないでしょうか。

後から周りに住みつきながら

除夜の鐘がうるさいとは何事でしょう。



似たような話は結構あります。

住宅地の中に保育園が建てられると、

子供の声がうるさくて生活の邪魔になる。

子供は国の宝です。お前も昔は子供だろう!

子供の声が聞こえなくなれば国は滅びます。



高速道路ができて便利になり、

周辺に住宅地が開発されます。

そこに家を建てて住んでみたら、

車の走行による騒音がうるさい
から

防音壁を建てろと要求。



こんなの私から見れば

我儘による反対や要求にしか見えません。

人権は守らなければなりません。しかし、

人権の守り方がおかしくありませんか?



既にある周辺環境に対して

後から住み着いたものはそれを承知のはず

承知で住んでうるさいといちゃもんを付ける

神経の方がおかしいとは思われませんか。

特に除夜の鐘は1日だけです。



それも我慢が出来ないのなら、

うるさいと思った人がそこを出ていけばいい

お寺さんが高齢になって

鐘を突くことが難しくなった。

これはどうしようもありません。



しかし1日だけ助っ人を依頼してでも

除夜の鐘を響かせることは

出来ないのでしょうか?

除夜の鐘が無くても実害はないでしょう。

でも日本に伝統が消えていくのが寂しい



基本的人権を守ることは、

非常に大切なことで

これを冒してはいけません。

しかし長年響いていた除夜の鐘が

うるさいというのは人権なんかじゃない!



基本的人権を取り違えています。

何でも文句を付ければいいといった風潮は

最近いたるところで目立ちます。

人に迷惑をかける行為は

人権など認められません。



なのに被害者の人権がないがしろにされ、

加害者の人権の方が大切にされていませんか?

本末転倒の現象が

目立って仕方がないのですが……



これ等の数々の状況は

民主主義の根幹を誤って

理解されているからではないでしょうか。

個人の人権と公共の利益は必ずしも

常に個人の権利が優先しないと思います。



私は個人の権利を無視しろではありません。

行き過ぎた人権保護は

時として公共の利益を害します


我々も常識のある権利行使を

心掛けるようにしたいものです。


         セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:49| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください