2020年01月10日

ゴーン被告の海外逃亡に弁護士の責任はないのでしょうか??

ゴーン被告の海外逃亡に弁護士の責任はないのでしょうか??


カルロス・ゴーンの日本脱出

まるでスパイ映画のような脱出劇で、

現代の日本で本当に起きたのだと

半ば感心するとともに平和ボケした

日本の恥ずかしい一面が暴露されました。。



特捜出身の敏腕主任弁護士弘中氏が、

「寝耳に水で大変迷惑している。

報道以上に知っていることは何もない」と

コメントをしていました。



ゴーン被告弁護団の辞任を検討

わたくしの勝手な考えですが

辞任では済まされないと思います。



簡単に辞任するのではなく、

ゴーンを日本に連れ戻して

日本の裁判に服させるのが

弁護団の責務ではないでしょうか。



保釈に当たっては裁判所に

責任をもって法に服させるということを

弁護士の資格の下で被告のために約束し

それを裁判所が承認して保釈したと思います。


  
それが出来ずに逃亡を許したことに対して、

弁護士の資格を返上しろとか

ゴーンが帰国するまで弁護士資格停止などの

厳しい声も聞こえてきます



弁護士法には疎いので、

法的責任がどうなのかは知りませんが、

弁護団を解散して責任逃れをするのは

道義的に許されないのではないかと思います。

パスポート管理に問題があったと思います。



しかし本当に責任があるのは

ゴーンを監視していた警察や検察

安易に出国を許した入管行政担当者であり、

日本の行政のずさんさでしょう。



ゴーンを連れ戻すのは不可能でしょう。

日本から逃げたということは

ゴーンが自分の犯罪を認めて

逃げたのだろうと思っています。



大金持ちに対してあらゆる面で甘くて

ざるのような法律の適用は

見直すべき
だと思っています。


    セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 07:37| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください