2019年12月03日

絶滅危惧種を密輸!!こんな奴絶対に許すな!!

絶滅危惧種を密輸!!こんな奴絶対に許すな!!


世界一綺麗なオオトカゲ、

ペレンティーオオトカゲの密輸

報道されていました。

その末端価格何と一頭600万円

犯罪に手を染めても飼いたいの??



絶滅危惧種としてワシントン条約で

取引が規制されていることを知りながら

購入する精神が病んでいます

密輸入も悪いけれど、

買うやつがいるから密輸がはびこる!!

 

生物を愛でることは素晴らしいけれど

野生でいるから素晴らしいのであって、

個人の趣味で勝手に秘かに飼育することが

良いとでも思っているのだろうか。



「レッドリスト」あるいは

「レッドデータブック」という言葉を

目にしたことがあると思います。



レッドとは危険を表す色ですが、

この場合のレッドの意味は、

絶滅する危険性が高い野生生物です。

そのリストがレッドリストなのです。



「日本の絶滅の恐れのある野生生物の

種についてそれらの生息状況等を

取りまとめたもの」がレッドデータブックで

環境省が発表しています。



絶滅の種と言えば代表はトキです。

国際的な学名が「二ッポニア・ニッポン」

日本を代表する鳥でしたが、

日本では野生のトキは絶滅しました。



現在は中国から譲ってもらったトキ

保護繁殖によって

国内で200羽ほど飼育中です。



トキ絶滅の最大の原因は乱獲でした。

しかしそのほか農薬の普及により

餌となる虫が減ってしまいました

生息していた森林が伐採などで無くなるなど

様々な要因が絡んでいます。



他に絶滅寸前だったものに

アホウドリがあります。

かつては伊豆諸島だけでも

100万羽いたと言われています。




19世紀後半から20世紀前半にかけて

乱獲されたため一気に減ってしまいました。

何でも1000万羽も乱獲されたと言います。

1949年に一度絶滅したと宣言されました。



しかしその後わずかに残っていたものを

繁殖させることが出来て

1500羽になるまで回復し、

どうにか絶滅を逃れています。



アフリカゾウの絶滅が危惧されています。

絶滅の原因は象牙の採取です。

厳しく保護活動が行われていますが

生きていくために命を懸けた

密猟が絶えないようで問題になっています。



このように乱獲が原因で

絶滅しそうな野生生物は沢山ありますが

ほかにも、海や大陸を超えて人や荷物の

移動が活発になったことが理由で

絶滅するものもあります。



本来の生態系にはないものが、

いきなりやってきたために、

元からいた生物がそれへの備えが出来ず

絶滅してしまう
のです。



例えば沖縄では、

ハブを退治するためにマングースを

天敵として導入しました。



しかし、ハブを退治するだけではなく、

ヤンバルクイナやアマミノクロウサギなども

食べてしまうものですから、

それ等が絶滅しそうになっています。




海外から輸入されたペットを

大きくなって飼うことが困難になり、

山や水辺などに連れて行き捨ててしまい

それが野生化して繁殖する例も多く

在来種が餌になって減少しています。



鳥や哺乳類など大きな動物は

比較的目立つので

数が減っているのもわかりやすいですが、

昆虫など小さな生物も数多く生きています。



植物も含むと、

全世界で毎年4万種の生物が

絶滅
していると言われます。

今地球は生物絶滅の時代にあります。

地球は人間だけの物ではないですよね。


      セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:22| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

都市ガスやプロパンガスには匂いが付けられています!!

都市ガスやプロパンガスには匂いが付けられています!!


「ガス」と言えば本来の意味は「気体」

しかし日常生活の中で「ガス」と言えば

普通は都市ガスやプロパンガスなどのことが

頭に浮かぶのではないでしょうか。



そのほか虫垂炎や脱腸などの手術後、

医師や看護師が一番先に患者に聞くのは

「ガスは出ましたか?」

この場合のガスはオナラのことです。



これ等のガスに関して頭に浮かぶのは

くさい、特殊な匂い

といったイメージでしょうが、

都市ガスは本来無臭なのです。



都市ガスの主成分はメタンガスです

またプロパンガスは

プロパンガスないしはブタンガスで

これ等のガスは本来は無臭なのです。



しかし、そのままですと

漏れた場合に気付かないので、

あえて気づきやすい様に

匂いを付けてあります



その匂いの正体は、

メルカブタンというものだそうです。

一方人体から放出されるオナラは

何と400種類以上の成分で 

出来ている
らしいのです。



オナラの70%は口から吸った空気で、

10%は食べ物が腸で消化され

分解されたときに生じたものです。



そして意外にも残りの20%は

血液の中に溶け込んでいる気体が

腸に染み出したものなのです。



人間から放出されるオナラは

そうした様々なものが混ざり合って

複雑な匂いを形成します。

ですから匂いの正体は様々なのです。



同じ人のオナラでも

その時々の体調によって違うのです。

おならを我慢すると体内で吸収され

ほかの方法で体外に放出されるそうです。


          セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 09:04| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

閉塞感しか感じられないわが国の将来!!

閉塞感しか感じられないわが国の将来!!


今年もあと残すところ1ケ月になりました。

安倍総理はわが国の憲政史上

総理在任期間が最長の記録を更新しました。

あまりにも長い在任期間のため

政権のタガが緩んでいないでしょうか



安倍1強で推移しています。

初めのうちは何かしてくれそうでしたが

振り返ってみると何もしていません。

唯一記憶に残りそうなのは

在任期間中の2度の増税でしょう。



リーマンショック以後の経済政策は

安倍のミックスが成功と言っていますが、

正直なところ何も改善されておらず

デフレからの脱却はしていませんし、

国民はますますプアになっています。



財政出動をして

景気を下支えしなければならないのに、

公共投資を抑制し緊縮財政を進め、

デフレスパイラルに陥っているのに

景気は上向いていると嘘を言っています。



今安倍政権がそこそこ安定しているのは

馬鹿な野党の馬鹿な国会運営のお陰

安倍政権が支えて貰っているだけです。

鳩の馬鹿
が自分たちのトップだったのを

今の野党は忘れているのでしょうか。



最近の安倍外交で見るべきところは、

韓国の文在寅に毅然たる態度

一切妥協せずにことを進めていることのみ。

中國におもねり、米国にすり寄り

ロシアにはいい加減にあしらわれています。



2025年問題には、

あえて目をつぶっているのでしょうか。

安倍首相にしても麻生財務相にしても

所詮良いところのボンボンです。

多分お金の価値観が庶民と違う!!



そのうち民の竈の煙が次第に薄くなり、

消えてしまうかもしれません。

行財政改革は何も進んでいません。

役人は省利省益のみに走っています。



財務省は税収を増やし又力がついた。

文科省の馬鹿どもは将来の我が国の宝たちの

人生を決めるセンター試験制度を

頭の中だけでもてあそんでいます




地球温暖化が原因かどうかはわかりませんが、

今年は集中豪雨や台風で

ものすごい災害が発生しました。

事前に手当てをしておけば

災害を防げた
かもしれません。



やるべき防災対策を、

予算を付けずに先延ばしにしてきた

財務官僚による人災にしか思えません。

事前に手当てをしておけば

災害復旧費は少なくて済んだはずです。



この国は次第に取り返しのつかない

負の連鎖による泥沼

引き込まれつつあるように感じて

やりきれない思いです。


     セーフティーコン
posted by セーフティーコン at 10:04| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする